ニキビやニキビ跡にビタミンC誘導体が良いって本当?

肌ニキビができると、ついつい隠してしまいがち。
化粧を厚く塗ってしまって隠す方もいるようですが、これでは逆にニキビを悪化させる原因にもなりかねません。
また、コンシーラーも一時しのぎには効果的ですが、これを繰り返していてもいつまでたっても綺麗な肌にはなりません。

根本的に解決するためには、ニキビ・ニキビ跡そのものの原因を取り除くことが一番なのです。

ブライダルエステで消えなかった背中のできもの跡...どうすれば?

そこで、ビタミンC誘導体を継続的に摂取することで、段階を経ながらだんだんと治癒していくことが可能です。

どのような働きでニキビケアをしてくれるか疑問ですよね?
実際、「ニキビやニキビ跡にビタミンC誘導体が良いと聞きましたが、どんな働きをするのですか?」といった質問もきこえてきそうです。
ここでは、ビタミンC誘導体のニキビケアの働きを紹介します。

ビタミンC誘導体には美白作用のほかに、抗炎症作用と皮脂分泌抑制作用があります。

そもそもニキビは過剰な皮脂分泌が毛穴に詰まることによって生じるもの。
ですから、ニキビを無くすあるいは予防するには、皮脂分泌を抑制するか、毛穴ケアをするかということに限られるのです。
その両方の役割をもっているのが、ビタミンC誘導体なのです。

ビタミンCでも効果的なのですが、ビタミンCは体内に取り込まれる前に壊れてしまう場合が多いため、効率よく摂取できません。
人工的に酵素分解によって初めてビタミンCとなるビタミンC誘導体の方が効率よくビタミンC効果を得られるのです。

ビタミンC誘導体を塗ることで、皮脂分泌を抑制し、新たなニキビができるのを予防してくれます。
また、毛穴ケアをすることで、肌内部の老廃物をしっかり取り除いてくれるため、ニキビの悪化もしっかり防いでくれるのです。
さらに、抗炎症作用によってニキビ・ニキビ跡にも効果的。

ニキビは肌に老廃物が溜まることによって生じるもの。
治癒したら、ニキビができにくいように、肌のターンオーバーや肌ケアをしっかりしておく習慣をつけていくことも大切です。

ビタミンC誘導体でニキビや吹き出物が悪化することってある?

「ビタミンC誘導体でニキビや吹き出物が悪化することってありえますか?」といった質問をよく耳にします。
実際のところどうなのでしょうか?

実はビタミンC誘導体には、油溶性と水溶性の2種類があります。

【油溶性の特徴】
・肌のバリア機能を通過して真皮まで浸透する。
・肌の基礎体力を上げる
・低刺激
といった特徴があります。

【水溶性の特徴】
・皮脂分泌抑制効果
・肌のバリア機能を通過しづらい。
といった特徴があります。

一般的に乾燥肌・普通肌の方は、油溶性のものをとってもらってもかまいません。
しかし、混合肌・脂性肌の方は、油溶性のものをとるとかえって皮脂分泌が促進されてしまいます。
すると、肌に新たなニキビや吹き出物が出来やすくなったり悪化したりする恐れがあるのです。
混合肌・脂性肌の方は、水溶性のほうを選んで摂取していったほうがいいです。

ビタミンC誘導体の濃度が極端に強い場合も刺激が強く、逆に肌荒れを起こしてしまいニキビ・吹き出物が出来やすくなる場合もあります。
さらに、肝心なのはビタミンC誘導体単独ではニキビ・吹き出物改善効果はほぼ無理であるということが実態として言えます。

というのも、ニキビ・吹き出物は肌のターンオーバーの鈍化(肌の水分保持率がなくなったり血行が悪くなったりすることで、肌の老廃物が溜まっていくことで生じるもの)が原因で生じます。
ですから、ビタミンC誘導体単独だけでは効果がほとんどなく、肌の保湿成分+肌の老廃物を落とす効果+肌のターンオーバーを促すなどの+αが一つでもないと改善されないのです。

そもそもビタミンC誘導体って何?化粧品で良く見かけるけど

ビタミンC誘導体が成分として含まれている化粧品を多く目にします。
そこで、「化粧品でよく見かけるけど、ビタミンC誘導体とは何?」という質問をされている方も多くいます。
ここでは、ビタミンC誘導体について紹介します。

ビタミンC誘導体は、生体内でビタミンCと同等の働きをしてくれる成分のこと。
「では、ビタミンCを摂取すればいいのでは?」と思いがち。
実は、ビタミンCの場合は安定性に欠け、簡単に酸化してしまい、思うような効力が発揮できないのです。

さらに、肌のバリア機能によって肌の外側に留まってしまいほとんど中に吸収されない(浸透性がない)という性質があるのです。
そのため、肌にビタミンCを効率よく吸収させることが困難だといわれていました。
そんな中、ビタミンC誘導体というものができました。
これは、ビタミンCの欠点である安定性・浸透性を強化したものなのです。

お肌の角質層の隅々までしっかり行き渡る浸透力があり、なおかつ酵素反応で初めてビタミンCになるようになっています。
ですから、効率よくビタミンC効果が得られる成分なのです。

ビタミンC誘導体は、美白効果があると言われています。
メラニン色素の生成を抑制させ、シミ・そばかすを予防したり薄くしたりする効果があります。
さらに、コラーゲンの生成を助ける効果もあり、肌のハリアップにも一役買ってくれます。

セラミド合成促進作用によって、たるみ予防にも効果的。
抗炎症作用・皮脂分泌抑制効果もあるため、よくあるニキビなどの肌トラブルにもビタミンCは効果的。
肌化粧水は、ビタミンCよりビタミンC誘導体の方がより美肌効果が期待できるのです。

ビタミンC誘導体と同じような働きをする成分には何がある?

ビタミンC誘導体を使用して、たまに肌にボツボツができたりする場合があり、肌質によっては使用できない場合も多くあります。
そのため、「ビタミンC誘導体と同じような働きをする成分には何がありますか?」といった質問をされる方が多いようです。
実際のところどうなのでしょうか?

ビタミンC誘導体の働きとしては、
・メラニン色素の合成抑制作用(美白効果)によるシミ・くすみ・そばかす予防がメインです。

ほかには、
・活性酸素によるアンチエイジング作用
・コラーゲン生成補助作用(肌のハリや保湿力をアップ)
・セラミド合成促進作用(肌のたるみ予防)
・抗炎症&皮脂分泌抑制作用(ニキビ予防&ニキビの悪化予防)
として知られています。

メインの効果が期待できるのが、アルブチンやハイドロキノンといった成分です。

アルブチンは、ブドウ糖と合成したαアルブチンと天然物のβアルブチンの2種類があります。
αアルブチンのほうが、βアルブチンの10倍以上の美白効果があると言われています。
その一方、βアルブチンのほうが肌刺激が少なく使いやすいといった特徴があります。
さらに、アルブチンには肌のターンオーバーを促進する作用があるため、アンチエイジングにはうれしい成分です。

ハイドロキノンもアルブチンやビタミンC誘導体同様、美白作用があります。
しかし、ハイドロキノン自体は肌への刺激が強すぎるため、あまりおすすめできません。

ニキビを抑える成分としては、オウゴンエキスやカミツレエキスなどの天然ハーブ成分が似たような効果があります。

ビタミンC誘導体はお肌に対してどんな効果が期待できる?

「ビタミンC誘導体は、お肌に対してどんな効果が期待できますか?」といった質問をよく目にします。

ビタミンC誘導体の効果は、
・メラニン色素の合成抑制作用(美白効果)によるシミ・くすみ・そばかす予防がメインです。

ほかには、
・活性酸素によるアンチエイジング作用
・コラーゲン生成補助作用(肌のハリや保湿力をアップ)
・セラミド合成促進作用(肌のたるみ予防)
・抗炎症&皮脂分泌抑制作用(ニキビ予防&ニキビの悪化予防)
というものです。

メラニン色素の合成成分を抑制することで、シミ・そばかすを予防してくれます。
こうしてくすみも改善され、肌に透明感を取り戻してくれる効果が期待できます。

美白効果というのは、肌を真っ白にする効果ではありません。
メラニン色素の合成成分を抑制することなどによって、肌の透明感を引き出す効果というものなのです。

肌の弾力は真皮で保たれているといっても過言ではありません。
その真皮の7割がコラーゲンでできています。
このコラーゲンの生成を促進することで、肌を内側からしっかり支えハリのある若々しい肌を手にすることができるのです。

また、ニキビ跡も残りづらくする効果が期待できます。
さらに、角質層の水分保持効果のあるセラミド合成促進作用もあるため、肌の貯水力もアップしキメがととのいます。

抗酸化作用、消炎・抗炎症作用、皮脂抑制作用によって、ニキビ対策にも効果的。
ニキビの炎症を抑えたり、ニキビを出来にくくしたり、ニキビの赤みを抑えたりする効果も期待できます。

皮脂抑制作用とセラミド合成促進作用の相乗効果によって、毛穴も目立ちづらくする効果も期待できます。

ビタミンC誘導体は毛穴の開きや黒ずみに効果ある?

ビタミンC誘導体は毛穴の開きや黒ずみに効果はあるのでしょうか?

ビタミンC誘導体は、ビタミンCと同等の効果が期待できます。
ビタミンCには、美白作用のほかにも、
・皮脂分泌抑制作用&毛穴引き締め効果&コラーゲン生成促進作用
があります。
これらの効果によって毛穴開きや黒ずみを改善させる効果が期待できます。

そもそも、毛穴は引き締めをしていないとすぐに開いてしまいます。
すると、そこから皮脂が過剰に分泌されるようになって黒ずみが生じてくるのです。
皮脂分泌抑制作用があるため、毛穴が開いていても黒ずみを生じづらくする効果があるのです。

また、毛穴を引き締める効果もビタミンCにはあります。
この効果を高めるために、商品によっては冷蔵して使用されると効果が高くなる場合もあります。

毛穴を引き締め、黒ずみを防止するだけでも十分なのに、ビタミンCはさらに、コラーゲン生成促進作用があります。
コラーゲンを生成させることで、肌をふっくらさせ毛穴開きケアにも効果的なのです。

ビタミンCよりビタミンC誘導体の方が体内での吸収率は高く効果的。
ですので、ビタミンCの効果を得たい場合は、食品より化粧品のビタミンC誘導体配合商品がいいですよ。

ビタミンC誘導体を多く含む化粧品にはどんな商品がある?

ビタミンC誘導体を多く含む化粧品にはどんな商品があるのでしょうか?

【サイクルプラス エンリッチローション】
高浸透性ビタミンC誘導体配合で、ビタミンC誘導体の100倍もの効果が期待できると言われています。
さらに、保湿効果抜群のヒアルロン酸&アンチエイジング効果&刺激なしといった点でも使いやすい化粧品です。
ビタミンC誘導体の効果だけで言うならば一番期待できる商品かもしれません。

【アスタリフト ホワイトニングローション】
水溶性ビタミンC誘導体+アルブチン配合。
wの美白効果で透明感を引き立たせます。
独自のナノフォーカス技術+3種類のコラーゲン&アスタキサンチンで角質層までしっかり浸透。

【ドクターシーラボ フォトホワイトC 薬用ホワイトニングローション】
水溶性&脂溶性ビタミンC誘導体を配合。
柑橘系の香りも好評で価格も安い。

【HABA 薬用VCローション】
水溶性ビタミンC誘導体を配合。
全成分無添加で安心です。
とろみがあるテクスチャのため冬場が使いやすい。

ほかにも、
・トゥヴェール 薬用ホワイトニングローションα AP100M
・ジュジュ アクアモイスト 美白クリームとヒアルロン酸配合美白化粧水 
・ザ レザレクション モイスチャーACローション
・マンデイムーン ホワイトニングエッセンスオイル
・ちふれ 美白化粧水VC
・肌研 白潤薬用美白化粧水
・キュレル 美白化粧水Ⅰ~Ⅲ
・エテュセ 薬用アクネ ホワイトシューター
・雪花(YUNA) エイジングコントレートローション
・タカミ レシピCウォーター
といったものも口コミでも人気が高いようです。

ビタミンC誘導体を多く含む食品は?何を食べれば良い?

ビタミンC誘導体を取り入れようと考えて、いざ化粧品を購入しようとすると中々手が出せない。
まして男性諸君は化粧品にそれほどお金をかけたくないですしね。

それでも、手軽にビタミンC誘導体効果を得ようとするのならば、食品から摂取するのが一番。
実際、「ビタミンC誘導体を多く含む食品は?」といった質問も多くあります。
何を食べればビタミンC誘導体効果を得られるのでしょうか?

ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCを効率よく取り入れることができるように改良された成分。
ですので、自然の食材の中にはビタミンC誘導体の形では入っていません。

食材から摂取できるのはあくまでビタミンCのみ。
ビタミンCは酸化され易く壊れやすいため、食品として摂取しても効果があまり期待できません。

やはり食材では摂取できないのか?
あきらめている方に朗報です。

サプリメントや健康食品ではビタミンC誘導体を使っている食品が数多くあります。
ビタミンC誘導体(AA-2G)と天然の甘味料・香料を配合し、飲みやすくした「プロビタC」や、フェルラ酸 と ビタミンC誘導体の持続性に注目したアンチエイジングサプリメント「minamo」などがそうです。

IMC33といったシリーズもそうです。

サプリメントとして摂取する場合は摂りすぎは禁物なので注意してください。