ビタミンC誘導体でニキビや吹き出物が悪化することってある?

「ビタミンC誘導体でニキビや吹き出物が悪化することってありえますか?」といった質問をよく耳にします。
実際のところどうなのでしょうか?

実はビタミンC誘導体には、油溶性と水溶性の2種類があります。

【油溶性の特徴】
・肌のバリア機能を通過して真皮まで浸透する。
・肌の基礎体力を上げる
・低刺激
といった特徴があります。

【水溶性の特徴】
・皮脂分泌抑制効果
・肌のバリア機能を通過しづらい。
といった特徴があります。

一般的に乾燥肌・普通肌の方は、油溶性のものをとってもらってもかまいません。
しかし、混合肌・脂性肌の方は、油溶性のものをとるとかえって皮脂分泌が促進されてしまいます。
すると、肌に新たなニキビや吹き出物が出来やすくなったり悪化したりする恐れがあるのです。
混合肌・脂性肌の方は、水溶性のほうを選んで摂取していったほうがいいです。

ビタミンC誘導体の濃度が極端に強い場合も刺激が強く、逆に肌荒れを起こしてしまいニキビ・吹き出物が出来やすくなる場合もあります。
さらに、肝心なのはビタミンC誘導体単独ではニキビ・吹き出物改善効果はほぼ無理であるということが実態として言えます。

というのも、ニキビ・吹き出物は肌のターンオーバーの鈍化(肌の水分保持率がなくなったり血行が悪くなったりすることで、肌の老廃物が溜まっていくことで生じるもの)が原因で生じます。
ですから、ビタミンC誘導体単独だけでは効果がほとんどなく、肌の保湿成分+肌の老廃物を落とす効果+肌のターンオーバーを促すなどの+αが一つでもないと改善されないのです。