ニキビやニキビ跡にビタミンC誘導体が良いって本当?

肌ニキビができると、ついつい隠してしまいがち。
化粧を厚く塗ってしまって隠す方もいるようですが、これでは逆にニキビを悪化させる原因にもなりかねません。
また、コンシーラーも一時しのぎには効果的ですが、これを繰り返していてもいつまでたっても綺麗な肌にはなりません。

根本的に解決するためには、ニキビ・ニキビ跡そのものの原因を取り除くことが一番なのです。

ブライダルエステで消えなかった背中のできもの跡...どうすれば?

そこで、ビタミンC誘導体を継続的に摂取することで、段階を経ながらだんだんと治癒していくことが可能です。

どのような働きでニキビケアをしてくれるか疑問ですよね?
実際、「ニキビやニキビ跡にビタミンC誘導体が良いと聞きましたが、どんな働きをするのですか?」といった質問もきこえてきそうです。
ここでは、ビタミンC誘導体のニキビケアの働きを紹介します。

ビタミンC誘導体には美白作用のほかに、抗炎症作用と皮脂分泌抑制作用があります。

そもそもニキビは過剰な皮脂分泌が毛穴に詰まることによって生じるもの。
ですから、ニキビを無くすあるいは予防するには、皮脂分泌を抑制するか、毛穴ケアをするかということに限られるのです。
その両方の役割をもっているのが、ビタミンC誘導体なのです。

ビタミンCでも効果的なのですが、ビタミンCは体内に取り込まれる前に壊れてしまう場合が多いため、効率よく摂取できません。
人工的に酵素分解によって初めてビタミンCとなるビタミンC誘導体の方が効率よくビタミンC効果を得られるのです。

ビタミンC誘導体を塗ることで、皮脂分泌を抑制し、新たなニキビができるのを予防してくれます。
また、毛穴ケアをすることで、肌内部の老廃物をしっかり取り除いてくれるため、ニキビの悪化もしっかり防いでくれるのです。
さらに、抗炎症作用によってニキビ・ニキビ跡にも効果的。

ニキビは肌に老廃物が溜まることによって生じるもの。
治癒したら、ニキビができにくいように、肌のターンオーバーや肌ケアをしっかりしておく習慣をつけていくことも大切です。