ビタミンC誘導体と同じような働きをする成分には何がある?

ビタミンC誘導体を使用して、たまに肌にボツボツができたりする場合があり、肌質によっては使用できない場合も多くあります。
そのため、「ビタミンC誘導体と同じような働きをする成分には何がありますか?」といった質問をされる方が多いようです。
実際のところどうなのでしょうか?

ビタミンC誘導体の働きとしては、
・メラニン色素の合成抑制作用(美白効果)によるシミ・くすみ・そばかす予防がメインです。

ほかには、
・活性酸素によるアンチエイジング作用
・コラーゲン生成補助作用(肌のハリや保湿力をアップ)
・セラミド合成促進作用(肌のたるみ予防)
・抗炎症&皮脂分泌抑制作用(ニキビ予防&ニキビの悪化予防)
として知られています。

メインの効果が期待できるのが、アルブチンやハイドロキノンといった成分です。

アルブチンは、ブドウ糖と合成したαアルブチンと天然物のβアルブチンの2種類があります。
αアルブチンのほうが、βアルブチンの10倍以上の美白効果があると言われています。
その一方、βアルブチンのほうが肌刺激が少なく使いやすいといった特徴があります。
さらに、アルブチンには肌のターンオーバーを促進する作用があるため、アンチエイジングにはうれしい成分です。

ハイドロキノンもアルブチンやビタミンC誘導体同様、美白作用があります。
しかし、ハイドロキノン自体は肌への刺激が強すぎるため、あまりおすすめできません。

ニキビを抑える成分としては、オウゴンエキスやカミツレエキスなどの天然ハーブ成分が似たような効果があります。