そもそもビタミンC誘導体って何?化粧品で良く見かけるけど

ビタミンC誘導体が成分として含まれている化粧品を多く目にします。
そこで、「化粧品でよく見かけるけど、ビタミンC誘導体とは何?」という質問をされている方も多くいます。
ここでは、ビタミンC誘導体について紹介します。

ビタミンC誘導体は、生体内でビタミンCと同等の働きをしてくれる成分のこと。
「では、ビタミンCを摂取すればいいのでは?」と思いがち。
実は、ビタミンCの場合は安定性に欠け、簡単に酸化してしまい、思うような効力が発揮できないのです。

さらに、肌のバリア機能によって肌の外側に留まってしまいほとんど中に吸収されない(浸透性がない)という性質があるのです。
そのため、肌にビタミンCを効率よく吸収させることが困難だといわれていました。
そんな中、ビタミンC誘導体というものができました。
これは、ビタミンCの欠点である安定性・浸透性を強化したものなのです。

お肌の角質層の隅々までしっかり行き渡る浸透力があり、なおかつ酵素反応で初めてビタミンCになるようになっています。
ですから、効率よくビタミンC効果が得られる成分なのです。

ビタミンC誘導体は、美白効果があると言われています。
メラニン色素の生成を抑制させ、シミ・そばかすを予防したり薄くしたりする効果があります。
さらに、コラーゲンの生成を助ける効果もあり、肌のハリアップにも一役買ってくれます。

セラミド合成促進作用によって、たるみ予防にも効果的。
抗炎症作用・皮脂分泌抑制効果もあるため、よくあるニキビなどの肌トラブルにもビタミンCは効果的。
肌化粧水は、ビタミンCよりビタミンC誘導体の方がより美肌効果が期待できるのです。